ショッピングリボ払いおまとめローンは可能?審査問題ない?【アコムNG?】

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンを利用し、借入先を1本化することが先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

でも、ショッピングリボ払いでおまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査の基準が厳しくなったり、断られる可能性もあります。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とはおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

両者は金融上の定義づけは異なるのですが、厳密に区別されることはなくおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と借りている金融業者名と残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

ショッピングリボ払いでおまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は通らない理由を自己分析する必要があります。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の1/3までが借入総額の限度です。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

金融業界では多重債務者は好まれませんので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンは返済日や残高の管理がしやすくなります。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが借入件数が多いほど審査は不利になります。

参考:ショッピングリボ払いおまとめローンは?審査通る?【アコムNG?】

月々の返済総額を下げたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで意志が弱い人は、完済した金融業者から再び借入れをすることがあるようです。

複数の金融業者から借り入れがあると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンはそのような多重債務者を救済するための商品なのでまず、審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、おまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますしサービス内容の比較もあるので、初めて利用する方には非常に便利だと言えます。

審査に通るポイントなど、初めておまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく完済に関する手数料は一切かからないというメリットもあります。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンという商品を扱っている金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということで最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。