近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

お金を融資してもらうことができる金融機関には近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行と消費者金融の金利を比較すると消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるためお金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことにより法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

アコムやプロミスなど消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行法とは異なります。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

アコムやプロミスなど消費者金融のキャッシングは簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利子を減らす有効な方法となります。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

アコムやプロミスなど消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、アコムやプロミスなど消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですが審査能力は非常に高いです。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

人気が高い金融機関の評価ポイントは金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利はみずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンよりも便利です。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

消費者金融審査情報の保存版

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようで成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですから借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これこそまさに過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性の利用者も増えています。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?消費者金融のキャッシング、みずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行とアコムやプロミスなど消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますからまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

アコムやプロミスなど消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことにより法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は優れたものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

金融機関で高評価を獲得している理由は低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

参考:借りやすい消費者金融ランキング【条件別で選ぶ金融機関】

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

普通、消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、みずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

関連ページ