消費者金融審査が甘いのは大丈夫?

消費者金融はアコムがおすすめ

金融機関で高評価を獲得している理由は金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

消費者金融のキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1
200万円まで借り入れることが可能です。

一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性の利用者も増えています。

消費者金融の返済はコンビニ払いで

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性の利用者も増えています。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。