消費者金融審査期間が短いのはどこ?急いで借りたい

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは800から1
200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなど

クリーンなイメージがあると思いますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

諸々の条件で消費者金融の方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、銀行カードローンと比べると消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

消費者金融のキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。